ケータイ販売員のための、心をすり減らさないトークテクニック術

この記事の対象となる方

・ケータイ電話の販売をしている
・販売に罪悪感を感じている
・販売トークをするのが辛い
・販売トークをするたびに心がすり減る

こんな想いを感じている人は、ぜひとも一読していただきたいです。

販売にありがちなのは、先輩や会社自体がゴリ押しトークを推奨しているもんだから、それを真似して撃沈するパターンです。

これでは販売が嫌いになって当然です。

現代における心の痛まない有効な販売トークの鍵は【無理に押さないこと】

その理由は、次の章で解説します。

スポンサーリンク

逆に人に嫌われる方法を考えてみる

人に嫌われる方法を考えてみましょう。

パターン1 批判してくる

今ハマっているアニメを知人に言ったところ

「あれって駄目だよね」
「○○の設定がつまらないよね」
「なんか作者の押し付けが強いよね」

という痛烈な批判をされてしまった。
 
お嬢
お嬢

あ~あ。
やらかしてるわね。

ぴろし
ぴろし

うむ。
たとえ言っていることが事実だったとしても、実際にそれを見て楽しんでいる本人さえも批判しているように聞こえてしまうな。

パターン2 価値観を押し付けてくる

「転職しようと思うんだ~」と知人に相談したところ、こちらの状況に耳を傾けず、

「それじゃダメだよ!」
「なんでその転職したいって言う熱意を今の仕事にぶつけられないの!?」
「弱すぎる!私ならもっとこうする!」

 

お嬢
お嬢

うざっ!

ぴろし
ぴろし

どのぐらいの距離間の知人か分からないが、こちらのことを理解しようとしてくれない人には、あまり言われたくないな。

パターン3 本当の目的を伏せて勧誘する

昔の旧友から数年ぶりに「遊ばない?」と誘われた。

とても嬉しく思い遊ぶ約束を入れた。
一緒に食事に行ったのだが、「儲け話があるんだけどやらない?」と数万円もする教材を勧めてきた。
 
お嬢
お嬢

これはガッカリするわね~!

ぴろし
ぴろし

うむ。
俺と会うことが目的じゃなくて、商品を売ることが目的だったことが非常にショックだよね。

 

人から嫌われることを3パターンご紹介しました。

これをケータイ販売トークに置き換えてみましょう。

人に嫌われる方法から学ぶ、ケータイ販売トーク

人に嫌われるパターンを、ケータイ販売に置き換えて解説していきます。

私なりのこうすれば良いかもよ~?とトーク例も掲載しています。

パターン1 批判してくるケータイ販売員

まだiPhone5なんて使ってるんですか!?
もうバッテリーも持たなくて、スペックも悪いから遅いんじゃないですか?
もうiPhoneの時代は終わっています。

自分の会社の商品を売りたいなら、お客様の持っているものや、考えを否定するのは絶対にNG!!

どれだけ良い商品だったとしても「あなたからは買いたくない!」と思われます。

 

自社商品を売りたいなら、私はこうします。

トーク改善バージョン

「iPhone5小さく持ちやすくて良いですよね~!」
「実際に私もサブケータイで現役でiPhone5使ってますもん!」
「新製品のiPhoneも多く出てますが、iPhone5にはどのようなこだわりがございますか?^^」

相手を否定せず、なぜ今でもiPhone5を現役で使っているのか聞きだします。

『コンパクトなスマホが好きだから』
『iPhone5が好きだから』
『買い換えるのが面倒だから』

こうした本当の理由を聞きだすためには、相手を否定しないことが最も重要な要素となります。

だって否定してくる人になんて心開きたくないでしょう?(^ム^)

パターン2 価値観を押し付けてくるケータイ販売員

まだ○○のケータイ会社使っているんですか?

今なら絶対にAUがお得です!!!

毎月の料金もお安くなるし、今ならiPhoneご購入で高額キャッシュバックも実施しています!!

今使っているケータイ会社の解約金も負担できますし、お客様にとってご不便なことは全くありません!!!

今の高いケータイ会社を辞めて、AUに乗り換えた方が年間7万円も節約できますよ!!!
 
これは相手の意見を聞いていないことが全ての原因です。
 
言っていることは至極全うです。お客様にとってメリットしかありません。
でもそれだけじゃ人の心は動きません。
 
人の心を動かすためには
 
・誰に言われたか
・自分のことをどれだけ理解しているか
 
これが重要になります。
 
先程と同じゴリ押しトークでも、言われる人によって受け取り側の印象は全く異なります。
 
自分のことを深く理解している『友人』『親友』『家族』『彼氏彼女』『奥さん・旦那』『上司』『同僚』『先生』から言われたとしたら・・・
 
「あなたが言うなら少し考えてみるか」と心が動きます。
 
それを見ず知らずの、こちらの利用状況を知らない販売員に言われても、「うさんくさい」と感じてしまうだけです。
 
なので私なら、こうやってトークします。

トーク改善バーション

私はケータイ料金の見直しが得意です。

ケータイ料金を見直しして、お客様が喜んでいただけることが、仕事をしていて何より嬉しい瞬間です(*^。^*)

ケータイ料金見直しのお手伝いをさせていただけれたらと思います。
料金を見直しするために何点かご質問させてください。

毎月のケータイ料金は高いと感じていらっしゃいますか?
毎月家族全員でおいくら支払っていらっしゃいますか?
今使っているスマホに不満はございますか?
などなど
 
まずはお客様に自己開示して、ヒアリングを徹底することです。
 
なぜお客様にヒアリングするのかの目的をハッキリさせます。いきなり質問攻めにされても気分悪いですからね。
 
そしてこのヒアリングをするためには下準備が必要です。
それは・・・
 
・清潔感
・謙虚な態度
・ガツガツしない態度
・そこらへんの人感
・ちょっと力の抜けた感
・友達感
・友達と話す時の笑顔
 
このゴリ押ししない感を演出しないと、人は寄ってきません。
警戒されないために、営業感を0にまで引き下げないと、ヒアリングまで辿り着くのは困難です。
 
力を抜いて、清潔感を出して、友達と話しする時のようなリラックスした態度で接客することが極めて大事です。
 
 
※余談

ツイッターをやっていたら自称稼いでいる人からダイレクトメールがきて、「年収は?」「副業で取り組んでいることは?」「将来稼ぎたい金額は?」と質問攻めにされたことがあります。
 
こちらから問い合わせたならアリですが、いきなりの質問攻めは正直気持ち悪いです。質問をする意図をお客様に話しましょう!

パターン3 本当の目的を伏せて勧誘する

~ショッピングモールにて~

「こちらで抽選会開催してま~す!」
「どうぞ無料なのでガラガラ回して景品当てちゃってくださ~い^^」

お~!黄玉ですね!
では景品をご用意しますので、こちらのイスに掛けてお待ちください。

~別のスタッフがくる~

「景品準備のあいだに、簡単な携帯電話アンケートにお答えください^^」
「毎月のケータイ料金は?」
「今使っているケータイ会社は?」
「自宅にネット回線引いてますか?」


お客様(ハメられた…)
 
お嬢
お嬢

抽選会でお客さんを集めるわけね

ぴろし
ぴろし

そう!
この手法は、今も昔も大きな利益を生み出す効果的な手法なんだ。

 

ぴろし
ぴろし

でも中には、ショッピングモールの抽選会と勘違いさせるような抽選会を行っている所も多いんだ。携帯会社とバレないように服装も変えて、声出しでも携帯会社の名前は出さないんだ。

 

お嬢
お嬢

お客様としては騙された気分になるわね。

ぴろし
ぴろし

私は何度もお客様に怒られたよ(笑)
そりゃそうだと思う。

 

ぴろし
ぴろし

でも現実問題としてこれが一番売上を伸ばせる方法なんだ。
会社がこの方法でやると言ったら、雇われている私たち販売員はやりたくなくてもやるしかないのが実情なんだ。

 

お嬢
お嬢

いっそ法律で禁止でもしてくれないと逃れられないわけね。

ぴろし
ぴろし

そう。
だからやらざる得ない方のための心を擦り減らなさいトークを書くよ。

 

ぴろし
ぴろし

これで少しは心理的負担を減らすことが可能だ。

トーク改善バージョン

 

~ショッピングモールにて~

「こちらで抽選会開催してま~す!」
「どうぞ無料なのでガラガラ回して景品当てちゃってくださ~い^^」

お~!黄玉ですね!
では景品をご用意しますので、こちらのイスに掛けてお待ちください。

~別のスタッフがくる~

「私たちケータイ電話の料金見直しを行っております。」
「お客様のケータイ料金が少しでもお安くできるよう簡単なアンケートをお取りしています。」
「毎月のケータイ料金は?」
「今使っているケータイ会社は?」
「自宅にネット回線引いてますか?」

ケータイ会社ということを隠して、しれっとアンケートを書いてもらってゴリ押しトークする手法が流行っています。

この方針についていけそうにない場合は、上記のように自分たちが何者なのかをお客様に話してしまいましょう。

あとはお客様に「騙された~」と声に出して言われてた場合は、素直に認めちゃいましょう。

「すいませんこんな方法でアンケートお取りして。」
「でも私たちは、お客様の料金がお安くなることに全力を注いでいます。」
「料金を見直しをしていただいて、もしお気に召したのであれば、ご検討いただけると幸いです。」

わたしはこのように全て正直に話してました。
ちなみに効果は抜群でした。

20代の若いお兄さんは、最初は騙された~と嫌悪感を出していましたが、最後には私から商品を買いたいと握手までしてくださいました。

会社の指示に従うしかないのは辛いですが、それでも自分の心を守るため出来る事はあります。

お客様にとっても、ケータイ会社ということを隠して抽選会を開くのは気持ちが良くないので、辛くなったら自己開示して、正攻法でお客様とトークしていったら良いと思います。

人から嫌われるポイントを知って、販売トークで心を擦り減らさない

販売に罪悪感を感じてしまうのは、自分がされたら嫌なことをお客様にやってしまっているからです。
 
なので自分が嫌なことは相手にしないことが一番のポイントです。
 
とはいっても会社の方針で、嫌なこともやらなければならないかもしれません。とても辛いでしょうが、そこは同じ痛みを共有できる仲間や同僚がいます。
 
お互いに支え合い、今を生き抜くために励まし合っていくことがとても大事だと、フリーランスになってとても感じます。
 
仲間はめちゃくちゃ大事です。
1人では出来ないことが、仲間がいることが出来るようになります。
 
あなたは一人ではありませんから、悩みを共有して、自分ひとりで抱え込まないようにしましょうね(゜レ゜)

コメント

タイトルとURLをコピーしました