【正しい努力】と【間違った努力】を見分ける方法!あなたが辛い理由

テレビで毎日見るような有名人にも売れない時代がありました。

誰にも知られず
見向きもされず
興味を持たれず
ときには痛い目で見られ
嫌な言葉を浴びせられたかもしれない

それでも好きだから!やりたいから!
そんな想いでコツコツ努力を積みかさねてきました。
だからこそ「今」があるのです。

今回はそんな「努力」にまつわる話をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

『正しい努力』と『間違った努力』を見分ける方法

努力というものにも方向性があって、間違った努力では花開く可能性は低くなってしまいます。

でわどうやって
「正しい努力」と「間違った努力」を見分けるのか。

それはズバリ…

「熱中できるかどうか」
+
「他の人より自分の方が上手くできるかどうか」

熱中できることって夢中になれるからやっているんです。
そして熱中するから練習量も人より増えます。

だから人より上手くなる。
だから楽しい。
だからもっとやりたくなる。

逆に言えば、正しくない努力とは
『自分はとてもやりたい!しかしできないし、人からも評価されない』

この努力は辛く苦しい努力になります。

仕事が苦痛で仕方がないのなら、正しい方向性を見つけよう

仕事が楽しいか苦痛かは、あなた自身で大きく変わってきます。

何が言いたいのかというと
苦手な分野で努力するより、自分が得意な分野で努力する方が幸福度が高いということです。

 

ブラック企業は見方を変えれば、
その仕事が好きで好きでたまらない人達や、使命感に燃えている人達が作った体制です。

だから長時間の労働ができる。
だから休みも少なくても気力がもつ。
だから過酷な勤務内容でも耐えられる。
だから残業の連続も楽しめる。

しかしここで考え方を変えてみましょう。
あなたの時間を忘れて熱中できることってなんですか?

それをやっているあなたはどんな感じですか?
長時間取り組んでしまう
休むのも忘れる
眠くても少し体調悪くてもやりたい
寝るのも惜しんで取り組んじゃう

これってブラック企業と似ていませんか?
取り組んでいることが違うだけでここまで解釈が変わってくるのです。

何が言いたいのかというと
あなたの興味のある分野で、正しい取り組みができて、人より成果が出せるなら、ブラック企業だとしても幸福なんです。

もしいまの会社で成果も出せず、
正しい取り組みができず、
興味も持てない。

そんな状況であれば
自分が勝てる場所を見つけることが最優先に考えてください。

部署異動を希望したり、転職を視野に入れるのも良いでしょう。
自分が輝ける場所を探すことで、正しい努力するための土台作りが完成します。

そしたら次のステップです。
【モチベーションを維持する技術】と【継続力を高める技術】を身に付けて、正しい努力を続けていきましょう。

モチベーションと継続力を高める記事はこちら
【モチベーションの教科書】心理学のプロが教える『モチベーションを維持して、継続力を身に付ける3つの技術』を徹底解説!ネットビジネス成功のためには『継続』が必須!決意だけでは長続きしない。「明日にしよう…」から卒業【3556文字大ボリューム】

コメント

タイトルとURLをコピーしました