WEBライターを未経験から始めていくら稼げるのか徹底的に調べてみた【2019年WEBライター事情】初心者さんは執筆に時間がかかるから稼げない!?

WEBライターに興味ある方~!全員集合で~す!

WEBライターという仕事は
在宅で出来る仕事で
未経験でも始めやすくて
資格も不要で誰でも始めやすい仕事であります。

でも気になるのはどのぐらい稼げるのかってことですよね?私は過去にWEBライターとして報酬を頂いていた経験がありますので、実体験を踏まえてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

WEBライターを未経験から始めていくら稼げるのか!?

実際の依頼内容を元に計算してみましょう~!



・1記事あたり3,000文字以上必要
・記事内に3枚画像を貼りつける必要あり
・1記事3,000円
・文字単価にすると1文字1円

 

この内容で初心者が稼げる金額は…約8万円です。

こんな感じの想定で金額を出しました。

1日の作業時間6時間
月の稼働日数は22日
3000文字書くのに5時間以上
8時間×22日=176時間
176時間÷5時間=1ヶ月間で26,4記事
26,4記事×3,000円=79,200円

 

1日に2~3時間しか執筆時間を取れないという方は、もっと収入が減りますし、逆にもっと効率よく執筆できるなら時給は上がっていきます。

しかし全くの未経験の場合は、3000記事の書くのに恐らく5時間以上を要します。ちなみに僕の場合は3000文字で8時間以上かかっていました。

でわその理由を詳しくご説明します。

初心者さんは記事書くのにとにかく時間がかかる

初心者さんが3,000文字を書く場合、恐らく5時間以上かかります。

その理由はこちら

リサーチに時間がかかる

記事を書くための情報収集です。1時間以上余裕でかかります。

記事の構成に手間取る

ここに大きく時間を取られます。

「どれを見出しにしようか」
「どんな順番で書いた方がよいか」
「どんな風に締めくくろうか」

なかなか納得がいかず、試行錯誤しているうちに時間が過ぎていきます。

指定のキーワードを文中に入れるのに苦労する

文中に指定のキーワードを入れるのが、WEBライター業務では一般的です。指定キーワードを「見出し」に入れたり、「文中に○○個使用する」など細かい規定があります。

露骨にキーワードを入れてしまうと文章がおかしくなってしまったり、使いにくいキーワードを無理やり使うこともあり、何かと構成に苦労します。

完成した記事の修正に時間がかかる

誤字脱字・おかしな文章ではないか・他サイト記事のパクリになっていないか、などなどチェックします。

一度読み返すと、ダメな部分がいっぱい見えてきて、アレもダメ!コレもダメ!と粗が気になり、修正に大きく時間を消耗します。

画像1つ探すにも10分以上かかってしまう

文中に適切な画像を入れてくださいと指示がありますが、初心者さんこそ作品を完璧なものに仕上げたくなってしまうため、画像選びにも時間がかかります。

納品先からの修正対応

記事を納品してから、修正をしてくださいと言われる場合があります。

修正の理由はさまざまで、指定のキーワードを使っていたり、薬事法に触れている書き方をしていたり、文章のルールを破っていたりなど、文章がおかしかったりなどです。

まとめ

これらのことを総合的に考えていくと、どうしても3000文字で5時間以上かかってしまうのです。

3000文字で3000円の記事を書くのに5時間をかけると、時給換算で600円になってしまうので、執筆時間を上げることが最重要課題となります。

しかし辛いのは始めの1~2ヶ月間です。記事を書いていくうちにタイピング速度が上がり、構成力も身に付き、執筆能力が上がっていきます。

なので初めのうちは修行だと思って、時給を度外視して勉強しても良いと私は思います。

プロの執筆スピードは?

 

プロは1時間に2000文字を切らないように書くことが平均的なスピードです。

つまり1記事2000文字で
文字単価1円なら
時給2000円稼げるわけです。

とはいっても執筆速度が速くても、リサーチに時間がかかり過ぎていては意味がなくなってしまいます。

そこで『専門分野に特化する』ことで、リサーチの時間を大幅に短縮しています。

たとえば『ダイエット』についての記事ばかり書いていれば、次回からダイエットの記事を書くときに知識の応用ができます。それに今までダイエットの記事を書いているわけですから、記事の構成なども応用が利きます。

こうやって専門性を増やしていけば、時給が上がっていきます。

私が1ヶ月間WEBライターに挑戦したときは…

私は失業していたときにWEBライターを1ヶ月間だけやっていました。

そのときに稼いだ金額は約6~7万円です。

3000文字書くのに余裕で5時間以上かかっていましたし、薬事法などが絡む記事では、文章に神経を使って書いていたので、8時間以上かかっていました。

タイピングは平均より早い方でしたが、それでも惨敗でした。

お金を貰う記事を書くんだから、完璧なものを提出しなければ失礼だ!という想いが強くて、時給120円ぐらいで記事を書いていましたね。トホホ

とはいってもWEBライターは、未経験でもできる取っつきやすいお仕事なので、副業や在宅ワークにオススメですよ!

WEBライターにチャレンジするなら
初めのうちは修行感覚で取り組んでみると良いですよ(^_-)

コメント

タイトルとURLをコピーしました