BackWPupでWordPressを簡単バックアップするやり方

プラグインの『BackWPup』は、とても簡単に自動バックアップをおこなってくれます。

設定したスケジュールで自動バックアップを取ってくれるので、

万が一サイトに不具合が起こってしまっても、

復元することができます。

もしものために、BackWPupの導入をお勧めします。

早速そのやり方をご紹介(^^)

スポンサーリンク

BackWPupの設定方法をご紹介

① ファイルバックアップの設定

ファイルバックアップで保存される内容は以下のとおりです。

  • テーマ
  • プラグイン
  • WP本体
  • 画像

でわ早速設定してみましょう(^^)

STEP1 一般設定

1.BackWPupの新規ジョブを追加をクリック

2.一般

3.このジョブの名前

自分の分かりやすい名前を入れます。

特にこだわりがなければ、画像のとおり【file backup】でOKです。

4.ジョブタスク

『ファイルのバックアップ』を選択

5.バックアップファイルの作成

デフォルトのままでOKです。

6.アーカイブ形式

保存形式を選ぶ項目です。
どちらか片方を選択してください。

◆Windowsユーザーは『ZIP』を選択

◆Macユーザーは『TarGZip』を選択

7.ジョブの宛先

『フォルダーへバックアップ』を選択

8.ログファイル

『メールアドレス』と『メール送信先』は、デフォルトのままでOKです。

『エラー』を選択してチェックマーク
これはバックアップにエラーがあった際に、メールで知らせてくれる設定です。

9.変更を保存

 

STEP2 バックアップのスケジュールを設定する

1.スケジュールをクリック

2.ジョブの開始方法

『Wordpress の cron』を選択

3.スケジューラーの種類

『基本』を選択

4.スケジューラー

『毎週』を選択
『日曜日 時間3 分0』を選択

これは日曜深夜03:00時にバックアップを行う設定です。

バックアップをしているときは、サイト表示が遅くなります。

なので、アクセスが少ない時間帯に設定することが好ましいです。

※ファイルバックアップは、冒頭でも記載したとおり、WP本体・画像・プラグインなどデータが重たいファイルを扱います。

重たいデータが毎日保存されていくと、Wordpress自体が重くなってしまいます。
そのため週1回のバックアップがオススメです。

記事のバックアップに関しては、記事の後半で設定しますので安心してください。

5.変更を保存をクリック

 

STEP3 ファイルの設定

ファイル項目は触れずに、デフォルトのままでOKです。

 

STEP4 宛先:フォルダーの設定

1.宛先:フォルダーをクリック

2.バックアップを収納するフォルダー
『uploads/file-backups/』

上記の名前でOKです。
自分で分かりやすい名前を付けましょう。

3.ファイルを削除

『12』と書く

これで過去3か月分のバックアップ残せます。

ファイルバックアップはサイズが大きいので、3か月分ぐらい残しておくぐらいが良いです。

4.変更を保存

データベースのバックアップ

今度はデータベースのバックアップです。

内容はファイルバックアップとほとんど一緒です\(゜ロ\)

STEP1 一般の設定


1.新規ジョブを追加

2.一般

3.ジョブ名
『database backup』

自分で分かりやすいジョブ名を設定しよう!

4.ジョブタスク

下記2点を選択
『データベースのバックアップ』
『インストール済みのプラグイン一覧』

5.バックアップファイルの作成

『アーカイブ名』
デフォルトのままでOK

6.アーカイブ形式

『Zip』 Windowsユーザーはこちら
『Tar GZip』 Macユーザーはこちら

7.ジョブの伝送先

『バックアップファイルの保存方法』
『フォルダへバックアップ』を選択

8.ログファイル

『ログの送信先メールアドレス』
『メールの送信元』

上記の2つはデフォルトのままでOK

『エラー』にチェックマーク

9.変更を保存

 

STEP2 バックアップのスケジュールを設定する


1.スケジュールをクリック

2.ジョブの開始方法

『Wordpress の cron』を選択

3.スケジューラーの種類

『基本』を選択

4.スケジューラー

『毎日』を選択
『時間3 分0』に設定

これは毎日深夜03:00時にバックアップを行う設定です。
記事の更新を行いますので、毎日バックアップすることがベストです。

5.変更を保存をクリック

 

STEP3 DBバックアップ

1.DBバックアップ

2.バックアップするテーブル『すべて』を選択します。

3.バックアップファイルの圧縮

『GZip』を選択

4.変更を保存

 

STEP4 プラグイン

この項目は、デフォルトのままでOKです。

STEP5 宛先:フォルダーの設定


1.宛先:フォルダーをクリック

2.バックアップを収納するフォルダー

『uploads/databese-backups/』

上記の名前でOKです。
自分で分かりやすい名前を付けましょう。

3.ファイルを削除

『30』と書く

これで過去1か月分のバックアップ残せます。

4.変更を保存

 

STEP6 早速バックアップしてみよう!



1. ジョブをクリック

2.『file backupの今すぐ実行』をクリック

3.無事バックアップが取れたらOK

4.同様に
『database backupの今すぐ実行』をクリック

 
これですべての手順は完了しました(^^)
 
あとはスケジュールに沿って自動バックアップしてくれます。もし手動でバックアップを取りたいときは、上記の手順で『今すぐ実行』をすればOKです。
 
これでBackWPupの設定は終了です。
 
まだ導入していない方は、設定することを強くオススメします。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました