【学校でのいじめ対処法】必死に耐えてる頑張り屋さんのあなたへ

学校という狭いコミュニティーの中で、
いじめにあったら本当に辛いです。

本人にとっては辛いなんてもんじゃない日々です。。

心の底から悔しいですよね。
悲しいですよね。
痛いですよね。

いま悩んでいる方もぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【男女共通】いじめの対処法

対処法は正直に心の内を言っちゃう事です。

●それをされると辛いこと
●なんでそんなことするのかってこと
●止めてほしいってこと
●あなたのその行動で、私はどんな気持ちになるかということ

初めは笑ってバカにしてくるかもしれません。
相手にされないかもしれません。

それでも相手に正直に言っちゃいます。

それを言うと相手も
「これをやると相手を傷つけるんだ」と理解します。

それは悪いことなんだよと、相手に分かってもらう行為です。

でもやっぱり言うのが怖いですよね。
空気を壊しちゃうかもしれない。
反発されるかもしれない。

自然的にいじめが無くなるなら誰でもその方がいい。
平和的に解決したいと思うのがふつうです。

だから急がなくていいから

心の準備ができて、覚悟が決まったら
自分の気持ちを正直に伝えてみてください。

【男編】いじめへの対処法

男の場合だったら一番簡単な対処法は

「筋肉をつけること」

筋肉が付くと、男性ホルモンが増えるんです。
男性ホルモンが増えると、闘争心が増し、前向きな気持ちになるのです。

科学的にも証明されています。

たとえるなら、いじめっ子の小学3年生がいたとします。
中学・高校のあなたは、その子が怖いですか?

怖くないですよね。

それは体格的に絶対に負けないからです。
命の危険がないんです。

でもあなたも小学3年生だったら、その子のことが怖く思えてくるんです。

自信って案外簡単に手に入るものなんですよ。
これを機にスポーツや部活をしてみたり、格闘技なんかを習ってもいいかもしれません。

格闘技の中でも、”道”がつく武術を学ぶことをオススメします!

・空手道
・剣道
・柔道
・合気道

”道”がつく武道は
礼儀を重んじ、相手を打ち負かすことではなく
自己鍛錬が本質なのです。

武道は喧嘩に使うものではありませんので、あなたがいくら肉体的に強くなったとしても、相手に使っちゃダメですからね。
あくまで自分自身と向き合うために習ってください(^_^)

自分を変えるにはどうすればいいの?

それは【行動】することです。

いつもは笑顔でひたすら耐えているのに、違う行動したら笑われるかもしれん。
いじめが悪化するかもしれん。

でもやっぱり変わるには行動しかないのです。

◆誰かに相談しても良い
いじめ専門のコールセンターだってあるし、先生や親に相談してもよい。


◆肉体的に強くなるために体を鍛えてもいい
体が強くなれば自信がつきます。怖いことが少なくなります。


◆本やいろんな人の意見を知って、
いじめの対処法を学ぶんでも良い


これも全部行動なんです。

赤ちゃんは何もできないですよね?(^_^)

だから喋ることもできないし、
不快なときにどうやって対処したら良いか分からないし、
もう泣くしかない。

そして喋れるようになり、歩けるようになり
泣くこと以外の方法で、意思表示ができるようになっていきます。

あなたはいじめへの対処方法に関しては、
まだ赤ちゃんなんです(^_^)

だから上手くできなくていいんです
もっと泣いてもいいんです

そしてここから強くなっていきましょう。
いまの自分を否定しないで、あなたのまま強くなっていきましょう。

君のこの経験は社会に出てから本当に役に立ちますよ。

相手の気持ちが分かるし、
自分がされて嫌だったことは相手にもしないし、
本当に良い先輩になれますよ(^_^)

今はお辛いでしょうが、
この状況がずっと続くわけではありません。

安心して大丈夫(^_^)

最悪学校なんて行かなくてもいい

読み進める前に、これだけは理解してください。

「必ず先生やご両親に相談してください」

学校全体が敵だって感じるなら行かなくてもいいと思う。
死んじゃうほど辛いなら行く必要なんてありません。

通信制の学校だってあるし、
夜間学校とかだっていくらでもあります。

今の学校に固執することなんてありません。

お金の問題とかはまずは気にしないで、
とにかく親に相談してみてほしいです。

夜間学校や通信教育なら、同じ苦しみをもった子も多いんです。

そこで悩みを共有できるかもしれないし、
自分の居場所が見つかるかもしれない。

今の環境にこだわる必要なんてない。

でも今の環境でがんばってる君はすごいよ。
かっこいいよ。よく頑張ってきたね。

色々やってみて(やれなくてもいいんだよ)
それでも学校に行きたくないと思ったらご両親に相談してね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました