【言い返し方マニュアル】ムカッとする言葉への言い返し方|例文つきで解説!自分の気持ちをきちんと表現しないとストレスが溜まります

相手の言葉にムカッときたとき、きちんと対処できていますか?

その場は穏便に済ませてしまったが、あとになって段々イライラしてきて、言い返せなかった自分に対してクヨクヨすることありませんでしょうか。

でも言い返したはいいもののその後の関係性が気まずくなるのも大変です。

なので今回は【自分の感情を殺さずに言い返すけど、なるべく相手と揉めないようにする方法】をご紹介します。

目次

4つの効果的な言い返し方

それぞれのパターンに応じた、言い返し方をまとめました。

1.デリカシーがない発言に言い返す方法

魔王

○○さんてほんと暇そうでいいよね~(笑)

イライラ

心の声

(マウント取られてる感じがするな~)
(なんかいじられてる感じがするな~)

ぴろろ

そう見えるでしょう~?
でも仕事でヘトヘトになってるのに家に帰ってからも炊事・家事・洗濯しなくちゃいけなくて結構大変なんですよ~^^

心の声

(あれ?もしかしてデリカシーない発言しちゃったかな?)

『そう見えるでしょう~?』が大きなポイント

一度相手の言葉を飲み込むことで、自分の立場を正当に主張することができ、相手に「失言してしまった」という罪悪感を湧かすことができます。

そして相手には悪意がなさそうなので、不用意に相手を傷つける発言はせずに、自分の主張を行うのがコツです。

会話を否定から始めない

反対に相手の言葉に対して、否定から入ると話がややこしくなります。

「イヤそれは違います!」
「私だって忙しいですよ!」
「あなたこそ暇そうですけど?」

これでは会話が熱くなってしまい相手と揉めます。

否定された側は、自分の言い分が正しいと主張したくなるため粗探しが始まり、ますます話がこじれます。

なので否定からはじまる会話は基本的にNGです。
日本人はそこのところ非常にデリケートです。

2.バカにした発言に言い返す方法

魔王

20代後半なのにアルバイトしてるの?
そんな人初めてみた
私の周りにそんな人いないよ

(ちなみに実話です)

イライラ

心の声

(ズケズケと人の心に入ってくるな…)
(これは対処しよう…!)

ぴろろ

それはどういう意味で言っていますか?

魔王

特に意味はありませんよ~

ぴろろ

そうですか…

スタスタと平然とその場を去りましょう

イライラを晴らせなくて悔しいでしょうがこれでいいです。
立ち去ることは「この人と話しても無駄」という強力な意思表示になっています。

『それはどういう意味で言っていますか?』が大きなポイント

これで相手の真意を伺います。

でも素直に「バカにしてました」なんて言いません(笑)嫌味な人ほど自分を正当化したいし、自分が嫌な奴だと思われたくないので決して認めません。

でもそれでいいんです。

こっちはあなたの悪意に気付いてますよ~、あなたが嫌な人間だって知りましたよ~。と思わせればいいのです。そうすればこれから不用意な発言はしてきませんし距離も置けますから。

そしてこの質問には、もうひとつメリットがあります。

謝罪するきっかけを作れる

本当に悪気なく失言してしまい、自分の発言を後悔している人に謝罪するキッカケを作れます。

「それはどういう意味ですか?」と質問するだけで、自分の過ちに気付き、謝罪をいただくキッカケを作れます。

3.舐められてた発言に言い返す方法

魔王

え?そんなことも知らないの?

イライラ

心の声

(なんかモラハラちっくな対応してくるな~)
(なんか感じ悪いな~)

ぴろろ

なんかちょっと怖いっす

『なんかちょっと怖い』は魔法の言葉

『なんか怖い』は曖昧な表現なのに、きちんと自分の意思表示ができる便利な言葉です。

「なんとな~く見下されてる」
「なんとな~く軽く扱われてる」
「軽~くいじられてる」

こんなとき反論したいけれど加減が難しいですよね。あんまりストレートに言い返すとまるでこちらが空気を悪くしたみたいな雰囲気になっちゃうし。

そんなときは「なんかちょっと怖い」で気付いてもらいましょう。

4.SNSの悪口は無視/デマ・誤情報はきちんと訂正する

魔王

お前の発言つまんな
それのどこが面白いの?
めっちゃサムイわ

イライラ

心の声

(SNSでの悪口は基本的には無視するのが一番です)

魔王

コロナワクチンは遺伝子情報が書き換えられる!
チップを体内に入れて監視している!

ぴろろ

2021年9月時点の全世界での症例を見てもそのような科学的根拠はありません。

コロナワクチンは人のDNAが入っている核まで入ることが出来ません。
チップに関しても同様にそのようなデータがございません。

デマや誤情報は放っておくと勝手に火がついて炎上してしまいます。相手にせず放っておくというのもひとつの手ではありますが、いまの時代それはあまり有効ではないようです。

放っておくと勝手に引火して炎上します。そしてデマがまるで事実かのようになってしまいます。だからこそ自分の立場を明確にしておく必要があります。

『人間だから仕方ない』という考えをもって力を抜こう

ムカっとすることを言われると、仕返ししたい!という気持ちになります。

しかし人間ですから、誤って失言をしてしまったり、悪気はないのに誤解を招くような発言をしてしまうこともあります。これは被害者にも加害者にも言えることです。

私だって偉そうな言い返し方マニュアルなんて記事書いてますけど、誤って人を傷つけてしまう発言をしてしまうこともあります。

失礼な発言をしてしまった人を徹底的に糾弾するのではなく、自分もそんなことを言ってしまったことがあるなぁ~…と、少し緩やかな考えをもっておくと、気持ち的にとても楽になります。

あいつは許せない!どうしても仕返ししたい!という考えに囚われてしまうと心が苦しくなってしまいます。思い切って力を抜いてみることも大事です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ぴろろです。
学校や仕事はなんとか通っていたものの、人と自分との間に絶対的な交われない壁を抱え続け、転職や半年程度の引きこもりを繰り返してきました。現在も仕事は行けているもの精神的にはひきこもり状態であります。

それでもなお脳なのか心なのか魂なのか分かりませんが、人との繋がりを渇望する私自身。

なので30代になって嫌いな勉強をやってみることにした。そして目指してみた。臨床心理学を学びつつ精神保健福祉士になる道を。

コメント

コメントする

目次
閉じる