生きることが辛いあたなへ-人生を変えるたったひとつの方法

スポンサーリンク

生き詰まった人に捧げる、たったひとつの解決策とは

こんにちわ~ピロシですヾ( ̄∀ ̄*) 

自分に悩み、他者との関係に悩み、仕事に悩み、生き方に悩み、辛かったときを乗り越えた私が伝えられることは….

人生を変えるには行動が必要不可欠だということです!

なーんだそんなことかーって思いましたか?
なーんだそんなことなのですよ(笑)
そんなことだけで人生大きく変わったんです。

これは実際に私が経験したことを元に書いています。

自分を責め、自分にもっとを要求し、最後はうつ病になり、家から出られなくなりました。
それでも立ち上がり、
こうした今生きてて楽しいと思えるようになったのです\(゜ロ\)

この経験をみなさんにも体験してもらいたくて記事にしました。
あなたの助けになれば幸いです。

うつ病になった過去~自分の中にいる鬼教師~

私は10代、20代のころは自分の在り方について悩んでいました。
他人と自分を比べたり、何故できないんだと自分を執拗に責めたりしました。

友達がいっぱいいる人を見ると落ち込み
内面的にかっこいい人を見るとうらやみ
成功している人を見るとケッ!っと嫉妬したり

自分に無いものを持っている人を敵視していました。

だから自分のことを必要以上に責めていました。
もっとやれる!
もっと上を目指せる!
もっと頑張ろう!

それが精神を想像以上にボロボロにすり減らしていました。
そして体育系のケータイ販売の仕事に就職してから、自分を責める回数が増えました。

そして2014年。
わたしはうつ病になったのです。

ブラック企業だったので、会社が合わないというのも原因にありました。
しかし一番の原因は、わたし私の中にいる私自身がもっとブラック企業だったことです。

自分の中に恐怖の鬼教師がいるのです。
鬼教師のいうことは正論だし、理想的だし、なにひとつ矛盾していませんでした。

でもそれはあまりにも自分を傷つけました。
ベットから起き上がれないほどに精神をむしばみました。

うつ病になったときは寝ても覚めてもとにかく辛いんです。
死にたくはなかったんだけど、生きてることが辛すぎて、とっさに窓から飛び降りそうになったこともありました。

基本的にはポジティブなわたしですが、あのときはダメでした。
テレビの声も、好きだった音楽も、癒しの曲も、バラエティ番組も、とにかく音という音がすべて聞けなくなりました。

聞くとなぜだか壮絶な苦しみがやってくるんです。
ごめんなさい、うまく言葉にすることができません。

ただはっきり言えるのは、死んだ方がマシださえ思えるぐらいでした。

そんな自分がいまではうつ病は完治し、生きていて楽しいと思えるようになったのです。
大好きだった音楽も、バラエティ番組も楽しんで見れるようになりました。

どうしてここまで劇的な復活ができたかというと、『ある本』と出会ったからなんです。

認知行動療法に出会って生き方を変えられた


ある本というのは、認知行動療法の「森田療法」のことです。

森田療法は
今の自分を許し、ありのままの自分を受け入れて生きていく

ということを治療の基本としている、自分を許すための心理療法です。

森田療法の効果が高い症状

「対人恐怖症」
「広場恐怖症」
「パニック障害」
「強迫神経症」
「不安神経症」

などなど、心理的な病気に対して非常に効果の高い精神療法です。

これは当時わたしが必死に勉強していたノートです。
(字が汚いですけども笑)

 

森田療法に出会ってからは、取り憑かれたかのように本を読んでいました。

いままで本や音を聞くのもダメだったのですが、
なぜか体が言うことを聞いてくれたんですよね。

実際に森田療法を受けたかったのですが、
残念ながら近場のクリニックでは行っていませんでした。

なので独学で必死に勉強しました。

自分の中で何が起きているのかを知ることでき、
何が原因でこうなってしまったのか把握することができ、
その結果、いまの私に対する、私自身の接し方が分かったのです。

精神的に弱っている方は、ぜひ森田療法を読んでみてください。
きっとあなたの中で何が起きているのか分かります。

変わるためには行動を起こすこと

自分の存在理由が分からないとか、なんで仕事しなくちゃいけないとか

なんで人と関わらくちゃいけないのって悩んでいる人ってたくさんいると思うんですよ。

私なりに、どうやって今を楽しく生きれるようになったかをこのサイトでご紹介していきます。

生き方を変えることも、性格を変えることも、最後は行動を起こすことが重要です。


カウンセラーの元にいくのも行動だし
図書館に行って本を見つけるのも行動だし
何か勉強しようと思うのも全部行動です。

たとえその行動が無駄だったとしても

「あれは失敗だったから次はこうしていこう!」

と学ぶことができるのです。

なので行動を起こして無駄なことなんてないんです。

自分が最善だと思ったのなら、エイッ!!とやってみるべきです。

きっとあなたの悩みが、自分の個性に変わるときがきます。

大丈夫。
あれだけ絶望していた私ですら出来たんですから、
あなたにだって絶対できます。

誰にもそう力があると私は信じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました