意識高い系の自分が辛い…。森田療法なら2ステップで治ります!

意識高いのはとても良いこと!
でも心と体がついてきていないなら、その意識はあなたに合っていないかもしれませんよ?

ガーン

○○しなくちゃ!
○○するべきだ!

○○すべきだ!は抑うつ状態まっしぐらです。

ええ、、なんせ私自身が「○○すべき!」に囚われてしまい、心の病になった張本人ですから(^_^;)

私が発症した病気は・・・

  • うつ病
  • パニック障害

ベランダから発作的に飛び降りそうになった私がですが、そんな私を引き留めてくれたのが、認知行動療法の一種『森田療法』でした。

森田療法は「あるがままの自分を受け入れ、自分らしく前向きに行動していく治療法」で、うつ病や神経症に高い効果があります。

森田療法を使って、意識高い自分を辞める方法を伝授していきたいと思います。

その方法とは・・・

目次

STEP1「○○すべき」を「○○でもいい」に変換する

ガーン

勉強するべきだ!
ダラダラなんてするべきではない!
人より抜きんでなくてならない!

ぴろろ

こうしなくていいんだよ

ああしなくていいんだよ

こうじゃなくていいんだよ

どっちでもいいんだよ

「自分は変わらなくていいんだ!そのままでいていいんだ!」

という考えが森田療法の教えです。

問題というのは自分一人で起こっているのではなくて環境や周囲との相互作用の結果により生じていると考えます。

つまり純粋なあなた本来が悪いわけでもなく、ましてやあなたの性格の奥深くに病的なものが潜んでいるのでもない。

ただ嫌なことやストレスに対する不適切な反応が体に染みついてしまっているだけです。だからこそ新しい方法を学習して自分がもっと生活しやすくなるようにしていきましょう。

この方法は無理に自分を騙したり、納得させたりしているのではなくて、本当にあなたはそのままでいいんです。

自分を肯定してみてください。そして自分自身を味方につけてください。あなたを苦しめているのは、あなたの自意識です。なので一度自分を受け入れてみましょう。

STEP2「焦り」ではなく「前向きさ」で動く

自分のことを受け入れられたら、次にすることは『現実的に困っている現象に、前向きに取り組むこと』です。

今までは「恐怖」や「焦り」から自分を縛りつけていましたが、今度からは「好奇心」や「ワクワク」をベースにして取り組んでいくことが大切です。

どうやって前向きに取り組むの?

  1. やりたくないこと・苦手なことリストを作る
  2. やらなくてもいいことは止める
  3. ゴールに問わられず小さいことからコツコツと始める
  4. 精神的にだるいときはロボットの操縦席に座った感覚で手足を動かす
  5. 小さなことを達成していくことで「快」が得られる
  6. より大きなことに取り組めるようになる

前向きに取り組むコツはゴールを意識しすぎないことです。

ガーン

心理学の勉強したいけど、心理職に就くなら国家資格取らないといけないよね…!

4年生を大学出て大学院に2年行って、それで国家試験を受けて…ブツブツ

ガーン

ブログとかnoteで何か書きたい!

でもやるなら集客を伸ばせるようサイトデザインにこだわらなくては…。SEO対策もして上位に表示されるようにしなくては…。

ぴろろ

お金と結び付けようとするとそうなっちゃうよね~

ぴろろ

ゴールをあまり意識しないで、まずは1週間だけ1日1ページだけでも勉強してみるのはどうかな?

ぴろろ

ブログとかnoteも読む人のことはあまり気にせずに、書きたいことを書いてみるのはどうかな?

人って書くことによって気持ちよくなって抑うつ気分も晴れるらしいよ~(*’ω’*)

ガーン

やりたくても精神的にだるいよ~

ぴろろ

そんなときはロボ化してみよ~^^

ロボットになったつもりになって、自分はその操縦席に座っているんだ。そして「手よ動け!」「足よ動け!」って指令を送って事務的に体を動かす技術だよ~

これは臨床心理学でも使われている心理技術なんだよ~

ぴろろ

あまりにも遠回りだったり、高すぎる目標をたてず、小さなことからコツコツ始めていくことが本当に大切です。

完璧主義の方は高い志をもっていいます。そのためやりきることが難しくなってしまい続かない、結果が出る前に終わってしまったという経験を多くしています。だからこそ自信が損なわれやすくなっています。

計画が空回りしてくると「もうどうでもいいや~」と投げやりになってしまい、心が折れてやすくなります。そして今まで積み重ねてきたものを全部捨ててしまうのです。

それはあまりにも勿体ない!目標設定を低くして、自分が楽しむ感覚でやった方がいいです。

意識高い系を卒業したらこんな良いことがあったよ

意識高いことは素晴らしいことだけど、自分にも相手にも無理させないようにしないと疲れてきちゃいます。自分は意識高い系を卒業できて本当に良かったなと思えます。

  • 自分の中の鬼教官が味方になってくれた
  • 自分で自分を否定しなくなった
  • 出来ない自分を肯定できるようになった

いまは30代でだいぶ精神的に楽になりましたが、15歳から28歳ぐらいまでがとても辛かったですね。大量に自己啓発本も読んでいましたから余計に理想と現実とのギャップでもがき苦しんでいました。年齢を重ねるのも悪いことではないなと30代になって思えるようになりました。

わたしはいま臨床心理学を勉強しています。放送大学の教科書を中古で手に入れて独学で勉強しています。もちろん放送大学にも入学していません。

20代のころから心理学の勉強をしたかったんですけど、心理学で食べていくには国家資格取らなきゃ働けないから、じゃあ何も勉強しませ~んと諦めていました。

いまは勉強していて楽しいです。現時点ではまだ実生活に役立つわけではないですが、覚えられる自分や勉強している自分がとても誇らしく思えてとても楽しいです。

みなさんもゴールやお金に縛られて諦めていることがあったら、まずは1週間だけでも取り組んでみるのはどうですか^^

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ぴろろです。
学校や仕事はなんとか通っていたものの、人と自分との間に絶対的な交われない壁を抱え続け、転職や半年程度の引きこもりを繰り返してきました。現在も仕事は行けているもの精神的にはひきこもり状態であります。

それでもなお脳なのか心なのか魂なのか分かりませんが、人との繋がりを渇望する私自身。

なので30代になって嫌いな勉強をやってみることにした。そして目指してみた。臨床心理学を学びつつ精神保健福祉士になる道を。

コメント

コメントする

目次
閉じる