森田療法で人見知りを克服できるの?【ありのまま生きる心理療法】

森田療法は、うつ病や不安障害などの神経症に高い治療効果があります。

私はうつ病を治したくて森田療法に取り組んだのですが、うつ病だけでなく人見知りすら緩和されてきました。結論をいうと森田療法で人見知りは治りません。それでもかなり人見知りが緩和されました。

ではさっそく森田療法でどのように人見知りが緩和したのかご紹介いたします。

目次

森田療法で人見知りを克服した方法【3STEP】

森田療法の治療法は、ありのままの自分自身を受け入れ、不安をそのまま受け入れ、なすべきことを前向きに実行していく優しい心理療法です。

森田療法の詳しい説明を見たい場合はこちら
【森田療法】トラウマに効き目のある認知行動療法をご紹介

人見知り克服方法を3STEPでご紹介いたします。

STEP1.まず人見知りな自分を受け入れる

まずは人見知りなことを自分を認めることから始めてみましょう。

人見知りって世間的に未熟感があるとか、社交性がない風に見えるとか、自分で恥ずかしく思っちゃうとか、そんな風潮がありますよね。でも人見知りでもよくないですか?

世間の価値観や常識やデキる人と呼ばれている人たちが言っていることは、あくまでひとつの価値観です。その価値観だけの固執して人見知りを治そうとする必要はないんです。

自分に無理して社交性が高いことをアピールすることは思い切って辞めちゃいましょう~!

  • 「友達がいないことが恥ずかしい…。ついつい友達が多いアピールをしてしまう」
  • 「ケータイ電話に全然親しくない人の番号たくさん入れて、友達が多いアピールをしてしまう」
  • 「面白くて人気のある友達の名前を出して、まるで親友かのように話してしまう」
  • 「私は憧れの人ように社交的になりたい!じゃあ人見知りな自分なんてあり得ない!人見知りはダメなことだ!」

このような考えは人見知りが恥ずかしいと思っていることが原因です。人見知りは他人に見せてはいけないものと考えているため必死に隠してしまっています。

必死に隠せば隠すほど、人見知りな自分は居場所を失います。人見知りな自分は存在してはいけないんだ…と、自分自身を傷つけてしまうのです。

人見知りな自分を受け入れることで、無理している自分を助けてあげてください。

次は人見知りを受け入れる方法を具体的に説明します。
STEP2をご覧ください。

STEP2.周囲に人見知りだと言っちゃう

友達・職場・知人に、私は人見知りだと言ってしまいましょう。

たとえばこんな状況のとき

  • 「知らない人が多い場所に行くことになったとき」
  • 「知人レベルの人にご飯に誘われたとき」
  • 「会社の飲み会に誘われたとき」
  • 「新しい職場に就職したとき」
  • 「新しいサークルに入ったとき」
  • 「知らない人が来て、あまり喋れないとき」

こんなときは人見知りだと言ってしまいましょう。

ぴろろ

私、人見知りだからちょっと緊張します

こうすることで、自分の中の「コミュニケーションが高い人だと見られなくてはいけない」という期待値をグッと下げることが出来ます。←こことても大事です。

人見知りな方は、キャパオーバーの期待値を自分に背負わせがちです。だからこそしたくもない陽気なキャラを演じたり、笑いを届けねばと相手を喜ばせようとして疲れてしまいます。

人見知りを公言したときの相手の反応

ぴろろ

私、人見知りなんです…

お客様

あ、私もなんです!

私は30人以上に人見知りを公言しましたが、否定されたされたことは一度もありませんし、むしろ共感してくれる人が多くてとても安心感がでました。

仮に人見知りを否定されたらどうする?

一応否定されたパターンも考えておいてもしものときに備えましょう。

◆客観的な視点で考える

心の声

(そういう考えもあるよね〜。でもわたしには合わないから聞き流そう)

◆自分本位で考える

心の声

(この人と分かり合うのは限界があるから適度な距離感で接しよう)

相手も意見も分かるけど、でも私も正しい。
これはアサーションというメンタルケアの技術です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
アサーションを学ぼう!相手の意見を尊重し、自分の意見を言う技術

STEP3.人見知りを受けいれた自分に負荷をかける

自分の人見知りを受け入れ、周囲にも人見知りであることが知れ渡ったときにようやく居心地が良くなります。

私はこの心地よい状況を数か月ほど継続していました。そしたらこのような心理的変化が起きました。

心の声

私は人見知りなのに、ここまでコミュニケーション出来るのって凄くない?

こうして自分の価値を自分で高めていきました。そしてここから次第に自分への負荷を上げていきます。

  • 初対面の人に話しかけてみたり
  • こちらから「おはよう~」と挨拶してみたり
  • コンビニの店員さんに「ありがとう」と言ってみたり
  • 面白いエピソードを話して笑いを誘ったり
  • 知らない人が集まる場所で隣の席の人に話しかけてみたり

こうして小さな成功体験を積み重ねていくのです。

筋トレと同じで最初は難しかったことでも、次第に出来るようになっていきます。もちろん負荷をかけすぎて後悔したこともあるし、当日になって「行きたくね~」となったことも多々あります。

それでも今まで出来なかったことを成し遂げたときに、強烈に自信がつきます。そして私は人見知りを克服したかもしれないと実感できるようなっていきます。

自分の出来る簡単なことから実行していくことが大事です。

人見知りは緩和した心境とは?

人見知りが緩和すると「人見知りでも人見知りじゃなくてもどっちでもいいや~」となります。

これが森田療法を取り組んだ成果です。

人前でオドオドしても良いし、赤面しても良いし、それが本来の自分で自然なことだ。そう思えるようになると症状が一気に緩和しますので、「どっちでもいいや~」の心境を目指すようにすると良いです(^^)

でも私はさらなる高みを目指したいのか、会話の上手い人がいるとどうしても劣等感を持っちゃうんです。そんでいらぬボケとか挟んでしまい空回りして失敗しちゃったんです。そしてまた人見知りモードになってしまうという悪循環に…。

他人と比較する必要はなくて本当の自分を知っているのは自分であればいいのです。

自分と一番長く関わってきたのは自分です。
自分のことを一番よく知っているのは自分です。

周囲にデキる自分やカッコいい自分を見せるために振る舞わなくていいんです。もっと自分のことを大切にしていきましょう。(私自身に言い聞かせています)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ぴろろです。
学校や仕事はなんとか通っていたものの、人と自分との間に絶対的な交われない壁を抱え続け、転職や半年程度の引きこもりを繰り返してきました。現在も仕事は行けているもの精神的にはひきこもり状態であります。

それでもなお脳なのか心なのか魂なのか分かりませんが、人との繋がりを渇望する私自身。

なので30代になって嫌いな勉強をやってみることにした。そして目指してみた。臨床心理学を学びつつ精神保健福祉士になる道を。

コメント

コメントする

目次
閉じる