リビジョン自動削除でサイト表示を速くしよう!『Optimize Database』の簡単な設定方法

WordPressのサイト表示を速くするにはこのプラグインが大変有効です。

プラグイン名【Optimize Database after Deleting Revisions】

このプラグインがあると
リビジョン(記事の下書き)を自動で削除してくれたり、データベースの最適化を行い、不要なデータを削除してくれます。

設定もすごく簡単なので、サイト運営される方は必ず導入することをオススメします(*^_^*)
※不具合がなどの万が一に備えて、必ずバックアップを取ってから実行してください。

バックアップでお困りの方は、簡単バックアップ方法をご覧ください↓
BackWPupでWordPressを簡単バックアップするやり方
https://shihirobox.net/backwpup-manual

スポンサーリンク

Optimize Database after Deleting Revisionsのメリット

リビジョンを自動削除してくれるのが一番のメリットです。

リビジョンは溜まっていく一方なので、定期的に削除しないとサイトが重くなってしまい、表示スピードが下がってしまいます。

表示スピードが下がると、Googleからの評価は著しく落ちますし、何より読者さんに不評です。
なので表示速度はかなり神経を使わなければいけません。

そもそもリビジョンって何?どこにあるの?

リビジョンとは、記事の下書きのことです。
万が一、作成中の記事が消えてしまっても、リビジョンが残っていれば簡単に復元できるのです。

リビジョンの場所は、記事を書く画面の、右上に『リビジョン』という項目があります。

Optimize Database after Deleting Revisionsの簡単な設定方法

まずはプラグインの新規追加で、

Optimize Database after Deleting Revisions を追加してください。

準備が整ったら、さっそく設定をします。

設定方法

これからする設定を行うと、以下のようになります。

 

大まかな設定内容

  • 7日より前のリビジョンは自動削除
  • リビジョンの最大保存数は5までに制限
  • 1週間ごとに自動最適化を行います
  • スパム・タグ。ゴミ箱の不要なデータを削除

 

下の画像のとおり進めればOKです。

 

はい、これで設定終了!

簡単でしょ(*^_^*)

実際にOptimize Database after Deleting Revisionsを使ってみよう!

手動で最適化を行ってみましょう^^

画像の『Go To Optmizer』をクリックします。

 

これでだけで最適化は完了です。
そして結果が以下のように表示されます。

 

これで全ての手順が終わりました。

簡単に設定が終わるので、SEO対策のためにも、ぜひ設定を完了させておいてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました