パワハラはどこにでもある!だからこそ対処法を身につけよう!

お久しぶりです♪
今日から出来る限り毎日記事を更新していこうと思います!

今日はパワハラについて書いていこうと思います\(゜ロ\)

みなさんはパワハラに遭ったことはありますか?
きついですよねー!自信無くしちゃいますよねー!
私も経験ありますから気持ち分かりますよ。

でも仕事は選べても、一緒に働く仲間って選べませんからね。

もうほんとギャンブルです(笑)
当たりこいよ!って願ってても外れ引くことの方が多いと思うww

だから今回はパワハラに対する考え方と自分の身の守り方を身につけていきましょう!

スポンサーリンク

パワハラはどこにでもある

程度の差はありますが、パワハラはどこの職場にあります。
残念ながら。

だからなんとか自分を合わせていくしかないかもしれません。
もしくは違う上司に相談したり、もっと上の役職の方に相談するなどして自分の身を守る必要があります。

ある程度パワハラに対する免疫をつけていかないと、ほんと毎回転職することになります。

転職ってすごくめんどくさいですよね(;一_一)しかも転職先にもパワハラ上司がいるという負の連鎖もあります。
一緒に働く仲間ってホント大事なんですよ。

私も過去何社かとても気が合う仲間と仕事をしたことがあります。本当にそれって奇跡的なことなんですよ。

一緒に仕事をする人って本当に大事なんです。

私なりのパワハラの定義

まずは私なりのパワハラの定義があります。

その1 上司という立場を利用して、立場の弱い人間を表情・声色・態度・発言で追い込むこと

その2 こちらの人間性を否定するような発言・暴言

その3 感情的になり、話し合いが出来ず一方的にこちらを非難してくる

こんな感じがパワハラの定義かなって思います。

要はこちらは言いたいことも正論も許されず、相手が間違ったことをいてもただただ我慢して従うしかない状態です。

正直こういう人は相手にしても無駄です。

相手に分かってもらおうと思っても無駄で、分からせようとしても無駄です。
その人はそういう世界に住んでいる人なので、聞く耳をもったタイミングでないと何を話しても理解してもらえません。

自分の基準が正しいのか自信がない場合は、ほかの同僚や仲の良い上司に相談してみてください。

もし「あの人は変わってるよねー。」とか「あの人は態度がきついよね。」など複数人から自分と同じ意見が出ればあなたの味わった感情は正論です。

もし、上司というか会社全体の空気がパワハラだったらもう辞めちゃえば?(笑)

野球部で例えると超怖い部活の先生がいて、部員全員びくびくしながら練習している。

もっと優しくてよと先生に言ったって、なかなか変わるものでもない。
かといって部員全員集めて抗議するのも大変だし、なんか違う。

そういう環境なんだと受け入れて、後は続けるか辞めるかどっちかしか無いと私は思います。
あとはあなた次第(>_<)

でわここから対処編

私なりのパワハラ対処法

社内の相談できる部署や、上長に相談して、現在の状況を事細かに伝えましょう。言葉だけでは相手も壱語一句詳細まで覚えられません。なので書面で現状を書きだします。

書面に書く際は、個人的な感情を一切いれてはいけません。ありのままの事実を書きます。

書面での書き方

× →○○さんは私の嫌いだから、乱暴な態度で無茶な仕事を押し付けてきました。出来ないと言いうと更に怒り出し、私をバカにするようなことを言ってきました。

 →○○さんは私に声を荒げ、顔を強張らせ、本来するべきではない業務をするよう仰られました。他の仕事があるため今は出来ないですとお伝えしたところ、さらに声荒げ私に暴言を言いました。

こうして事実を列挙して伝えます。

これの大きなメリットは、”被害者が冷静な点”です。

熱くなっていない冷静な人に意見は、信用を勝ち取れます。

たとえば町で殴り合いの喧嘩している2人がいたとします。傍から見ればどっちもどっちな印象を受けてしまいます。

それと同じでことが社内でも起きるのです。たしかにあの人はパワハラ上司だけど、熱くなったお前にも原因があるよなと思われてしまっては、正当な決断をしてもらえません。

もう感情的になるのは止めましょう。感情的になるとあなたは不利になります。

こちらの落ち度を作らないために冷静になりましょう。

嫌われる覚悟を持つこと

事実を報告したことがパワハラ上司の耳に入ったとき、あなたは更なる仕打ちを受けるかもしれません。

だからこそあなたは嫌われる覚悟を持つ必要があります。

会社の判断によっては辞めることも視野に入れ、すべて戦うぐらいの気持ちで心を強くもってください。

もしかしたら労働基準監督署にお世話になるかもしれません。その場合は会社自体を敵に回すこともあるため、心を強く持っておく必要があります。

頭のおかしい上司は相手にしない

話の通じない頭のイカレたクレイジーな上司はとても多いです。イカレた上司は、事実を捻じ曲げて自分に有利なように話を改ざんしてしまいます。

なので出来ることなら関わらないようにし、深く考えないようにして、徹底的に距離を置きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました