「死ぬ気になれば何でもできる」な~んてウソウソ!【うつ病体験記】

死ぬ気になったら何でもできるかって?

無理です(笑)
本当に無理です(笑)

なぜなら、私がうつ病で絶望していたときに
「死ぬ気になれば何でもできるはずだ!」
思えば思うほどうつ病が悪化しただけでした(笑)

スポンサーリンク

死ぬ気になっても、できないものは出来ない!

「もう無理!」
「これ以上は限界!」

そういう心に鞭打って、死ぬ気で仕事をしていました。

しかしある時、来るべき時がきたのです。

うつ病です。(左から右に受け流せない~♪)

ようこそうつ病です。

外に出れない。
座ってても辛い。
立ってても辛い。
寝てても辛い。
ご飯食べてるのも辛い。
テレビから聞こえる音楽がうるさい。
テレビから聞こえる笑い声が辛い。
癒しの音楽でもロックでもバラードでも音楽のすべてが自分が苦しめる。
音という音全てが私を苦しめる。
景色に色がない。
ご飯も美味しくない。
太陽の光が私を苦しめる。
眠っていても私を苦しめる。

これ人生終わらせた方が絶対楽じゃん!
って思いましたよ。

だって何してたって絶望的な気持ちなんですから(笑)

死ぬ気なんてなかったけど、衝動的に飛び降りたくなりました。もしかしたら自殺って、意を決してするもんじゃなくて、衝動的にしちゃうものなのかなって思いました。

「死ぬ気になれば何でもできる」はあまりにも薄っぺらい

精神的に追い込まれている人に対してする励ましじゃないです。

良かれと思っていても、それは相手の心に鞭打っていると同じことです。

追い込まれている人には「死ぬ気になれば何でもできる」と言っても、そもそもガソリンが切れているんだから動けないんですよ。

普通だったらガソリン無い車に、頑張れば走れるだろ!とは思いませんよね。

人間の場合は、ガソリンメーターなんて便利なものが表示されませんので、相手も自分も置かれている状況がよく分かっていないのです。

心は見えないものなので、励ましてしまうことも仕方がないのですけどねぇ。

心が弱っている人への正しい励まし方

弱っている人に対する正しいアプローチは、「困っていたら力になるよ」と半歩下がって見守っておくこと

心が弱っている人が本当に欲しているのは休息です。

本人は、休むことは悪だと思い込んでしまっていることが多々あります。だから今はゆっくり休んでもいいんだよ。いつでも力になるから言ってね。

というのが最も落ち着きます。そして早めに心療内科に足を運ぶことをオススメします。

大事なことは『励まし』じゃなくて『見守る』

  • 死にたくて死にたい奴なんかいない
  • 心が骨折しているのに無理に走ろうとしている
  • あなたに本当に必要なのは休息

大丈夫。
きっとよくなります。
私ですらよくなったんですから。

私は認知行動療法の”森田療法”と出会いうつ病を克服しました。

何もできない自分、何もできない日々に焦る必要はありません。

とにかく今はゆっくり治していいんです。
休息こそがあなたの一番のやるべきことなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました